単身赴任あるある!夫婦ともに注意しておきたい3つのポイント

自由になるお金が少ない

単身赴任がスタートすると同時に、家族との2重生活が始まります。家賃や住宅ローンといった住居費、食費、水道光熱費などがそれぞれ2世帯分発生するというわけです。単身赴任手当が出る企業は多いですが、金額が十分ではないケースも少なくありません。そのため、単身赴任中に「お金がない!」と感じる人は多いのです。単身赴任している側は、家族と離れ、慣れない環境で新生活を始めなければなりません。節約は大切ですが、お金がないことで余計なストレスを溜めてしまわないよう、生活費は余裕を持って計算しておきましょう。

生活習慣が変わって太る

単身赴任中、仕事の忙しさと家事のわずらわしさから、外食や惣菜などの食事が増える人は多いものです。また、自由に使えるお金が少ない場合は、食費を節約しようとしてしまいがち。牛丼やコンビニ弁当、菓子パンなどの安くて手軽なものを食べることが増えると、栄養バランスが偏ってしまうこともあります。そのため、単身赴任をして太ったという人は少なくありません。

単身赴任中は、できる範囲で栄養バランスに気を使い、健康な体を維持できるよう努めましょう。自炊ができない場合は、カット野菜を購入したり、野菜を使った惣菜を利用したりと、工夫してバランスの良い食事をできるといいですね。

趣味がないと休日が暇

単身赴任中は、休日も1人で過ごすことが増えます。1人でも楽しめる趣味があると、休日にリフレッシュできるでしょう。逆に趣味がないと、休日も1日ゴロゴロして終わるということも。ストレスをうまく発散することは、単身赴任中とても大切です。現在趣味が特にない場合は、アクアリウム、自転車、ランニングなど、手軽に始められる趣味をいろいろと試してみるのも良いですね。

急な単身赴任の方に、単身赴任の家具がレンタル出来るサービスがあります。家具を購入すると処分に手間がかかりますが、最低3ヶ月から家具を利用出来るので、無駄なお金使うことなく、柔軟に対応することができます

おすすめ記事