神社婚にぴったりの場所や衣装について調べてみよう!

初穂料がリーズナブルなところは若いカップルに大人気

神社婚を行う場合には、神社の境内や施設の一部を数時間ほど利用したり、祈祷を受けたりするうえで、申込手続きをする際に初穂料を納めるのが一般的です。初穂料の相場は、それぞれの神社の歴史や規模の大きさ、利用時間などによって異なるため、早い段階から希望に合った神社の事情を調べ始めることが肝心です。最近では、都市部を中心に神社婚に関心がある若いカップルを歓迎するため、年間を通してリーズナブルな料金で挙式の受付をしている神社の数が増えています。また、神社によっては宮司や受付の担当者と初穂料の交渉をしたり、神社婚の当日の流れや演出の内容について相談できたりすることもあります。そこで、評判が良い神社のホームページや結婚情報誌などを使って必要な知識を身につけておくことが大事です。

予算や好みに合う衣装を提供してくれる業者を選ぼう

神社婚の際にお色直しや写真撮影を検討しているカップルは、予算や好みに合う衣装を提供してくれる業者にお世話になるのがおすすめです。特に、生地の種類やデザインなどにこだわった白無垢や色打掛、引振袖に興味がある時は、数ある業者の中でも和装の品ぞろえが豊富なところや、着こなしのポイントを教えてくれるところにお世話になることがポイントです。老舗の貸衣装を専門とする業者の中には、希望者を対象に定番の衣装のレンタルだけでなく、メイクや着付けなどのサービスを行っているところもあります。そのため、神社婚の予算に余裕がある人は、実際に貸衣装を利用した人の口コミを参考にしたり、話題の業者の資料を取り寄せたりして、きめ細やかなサポートを受けられる業者を見極めましょう。

昔から続いている伝統的な挙式スタイルといえば、神社婚です。近年、価格が安く日本人として馴染みのある神社での結婚が見直されています。三重県在住なら、三重の神社婚を検討してみませんか

おすすめ記事